FC2ブログ

第6話

「とりあえず、ジャンさんちょっといいですか?」
3人組のローブを着てフードを深くかぶっているタルタルがジャンに尋ねる。フードのおかげか性別が分から
ないな、声を聞いてもどちらとも聞こえるし。

「なんだい?」
「とりあえず自己紹介でもしませんか?わたくしたちはお互いのことよく知らないわけですし、その他のことは
そのあとで説明するのがよろしいかと……遠慮がないということくらいしかしらないですし」
なんかぼそっとつぶやかれた。まあそのとおりではあるんだけどさ
食える時に食うというのが信条であるので反省はしない。なかなか毒舌であるな。

「それもそうだね、それじゃあ僕から、言うのは2回目だけど、僕はジャン。サンドリア王国に所属する
冒険者でランクは1、ジョブはシーフをやっている。冒険者としては各地のお宝を探し歩くトレジャーハンター
といったところかな?」
ジャンのやつは肩書きだけ聞くとカッコいいんだけどなぁ、トレジャーハンターとか

まあお宝というよりガラクタ見ることのが多いけどね。そんなことより
「なあジャン、ランクって何?」
「そこにつっこまれるとは思わなかったよ……まあいいや、ランクっていうのはね、冒険者の所属している
国が冒険者に貢献度とかいろいろなものを考慮して与えられる地位のことなんだ。ランクは1から10まで
あって10に近いほどその地位が高くなるんだ」

「へぇー、ランクが上がるとなにか得があるのか?」
「そうだなぁ……お金がもらえるとか直接的な得はないと思うよ。ただランクが上がるってことはその国に
おける重要な人物になれるってことだから、上昇志向の強い冒険者はランクをすごい気にしてることが多い
かな」
手柄を立てて仕官するぜ!みたいな感じか
「なるほどな」

とすると今のところランク上げることを目指す必要はないらしい。偉くなりたいとかあまり思わないしね。
「とすると1のジャンは駄目駄目だってことじゃないか」
「ぐっ、そんな事言ったらショウだってそうじゃないか。僕には国での地位なんて関係ないのさ」
まあそういうの重視してたら家継いでるわな。

「えーとジャンさんにひとつ聞いてみたいんだけど、いいかな?」
ボーイッシュな女の子がジャンに尋ねる。
「何かな?」

「ジャンさんはトレジャーハンターらしいですけど、どんなお宝があるのかなぁって」
「うっ……い、今は競売所に出したばかりだから手元にはは何もないんだ。ハハ、残念……」
すごいうろたえてるな。ガラクタだろうし仕方ないといえば仕方ないが

「そうなんですかー……残念」
結構がっかりしてるな、まあ見てもがっかりするだろうけど……
「じゃあ気を取り直して、次はわたしが、わたしはルティ、バストゥークに所属してる冒険者でランクは3で
ジョブは白魔道士。ああ、それとそこにいるルースの妹やってます。冒険者としては色々なことやってるかな

へえ似てると思ったけど兄妹だったのか。

「それではついでに、僕はルース。同じバストゥーク所属の冒険者でランクは同じく3、そしてルティの兄です
それと、ジョブは戦士をやってます。冒険者としては、ルティと同じですね、様々なことをやってます」
ちなみに白魔道士というジョブは回復魔法を使って怪我を直したりするエキスパートとされている。
武器としては片手棍や両手棍を使い刃物のたぐいはタブーとされている……らしい。

戦士というジョブは近接戦闘のエキスパートで様々な武器を使いこなすとされている。
仲間の盾となり矛にもなりうる頼れるジョブである……らしい。
らしいというのは伝聞だからである。今まで外のモンスターを倒すのは一人だったしなぁ……

「では次はわたくしですね。わたくしはラピピ、ウィンダス連邦所属の冒険者でランクは他の2人と同じく
3です。ジョブは黒魔道士に就いております。2人との関係は昔からの知り合いといったところでしょうか
今は3人でパーティーを組んでおりますわ」
フードを外し自己紹介するラピピさん。どうやら彼女は女性のようだ。
フード外してやっとわかるとかちょっと失礼かもだけどね。彼女は前髪を切りそろえて他の部分は伸ばしている。
黒魔道士は攻撃的な精霊魔法を主体とする黒魔法のエキスパートである。

このパーティーはルースくんが前衛で戦い、ルティちゃんが回復をし、ラピピさんが少し離れたところから
攻撃するというパーティーらしい。素人目線でもバランスが取れてるのではなかろうか

それにしても昔からのなじみ同士のパーティーか。
昔なじみかぁ……そういうの考えると日本のことを思い出してしまうな。
今まで考えないようにしてたけど、やっぱ真剣に考えないといけないな。戻れるにしろ戻れないにしろ。
何もかも捨ててこっちへ来るには20年も日本で過ごしてたからなぁ……せめて元気でやってるから
心配するなと伝えられたらいいのだけど……

「ショウ、難しい顔してどうかした?」
おっと顔に出てたかな。
「んっ、ああいや何でもない。ランク3というと俺達よりだいぶ高いみたいだな、俺達より若いみたいなのに
頑張ってるんだな」

「同世代の冒険者より少し高いってくらいですよ。ランクが低くてもすごい人なんていくらでもいますし」
ルースくんはそんなでもおごることなくしっかりとしている。すごいね、うん。
「じゃあ最後に俺だな、俺はミズイショウ、まあここではミズイと呼ばれることはあまりないのでショウとでも
呼んでおくれ。バストゥークに所属する冒険者でランクは1。ジョブは吟遊詩人で、冒険者としてはなんだろ
主に鉱山労働してる」

冒険者としてモンスターを倒したりミッション、クエストをしたりなんかは殆ど無いから名ばかり冒険者
だなぁと再認識する。

「吟遊詩人なのは納得……」
ルティちゃんがぼそっとつぶやく、歌ってたしなぁ
「吟遊詩人というのは納得ですけど、聞いたことないような歌歌ってましたね。ここではあまり聞かないような
感じでしたし」

確か昨日はアニソン10連発とか歌ったんだっけ、アカペラだけど
吟遊詩人の歌というものはメロディーで盛り上がると言うよりは物語を音楽に乗せて歌うといった感じ
で音読プラスメロディーといったほうが近いかも

「うん、あれは俺の故郷の歌なんだ」
なんか深い意味のことを言ってしまったような気がする。実際ただのありふれすぎてるアニソンだったんだが
「そうなんですか、ショウさんの出身はどこなんですの?」

「日本ってところなんだけど、知らないよなー、東のほうの国と近い文化を持つところらしいよ」
つかここの世界じゃないしな。この世界の地理に詳しい人とかが聞いたら日本なんて無いって分かって
変な疑いかけられるところだ。
「ちょっと聞いたことないかも」

「東ですか、わたくしもいったことありませんわ」
「すみません、聞いた事ないですね」
当然の結果である。

「気にすることはないよ、ほんと小さい場所だから誰も知らなくても仕方ない」
「しかし、ショウ様失礼なこと聞くかもしれませんが、鉱山で働いてるというのは何か訳ありなんですの?」
「訳あり?」

ある意味訳ありではあるがどうなんだろ?何かあるのかね
答えあぐねているとジャンが俺に小声で説明をしてくれた。
「ショウはしらないのかもしれないけど、鉱山で働く人というのは何かしら犯罪歴があったり借金を
背負ってたりすることが多いんだ。今はそういう人ばかりではないかもしれないけどね」

ああ、そういうことか。まあ一緒にやる上で犯罪歴があったりするのを気にするのは当然か
「あ、いや俺は特に訳ありとかってわけじゃないよ、ただ鉱山で働いてるってだけさ」
「そうでしたか、申し訳ありません。少し失礼でしたね」
「気になるのは当然だし、気にしないでいいと思うよ」

今まで気にしてなかった問題だし、こういうこともルシウスさんから受けたミッションについて
手助けとなることでもあるしね。偏見、まぁ多少事実に基づいたものであってもこういうのは不満の種
になるものであるし、頭に入れておこう。

「それでは、クエストについて説明しますね」
ひと通り自己紹介が終わり、クエストについて話を受けることになった。今はルース君が説明をしようと
しているところ。

「はい、ジャンさんはもう受けるといってもらいましたけど、ショウさんはまだわからないのでクエスト受ける
かどうかについては内容を聞いてからでももちろん構いません」
それはありがたい、もとより俺もそのつもりだったしね。

「兄さん、依頼者の人が人数集まったら一度来てくれっていってなかった?」
「そうだったっけ、それではえーとジャンさんにショウさん、依頼者の人のところに行くので付いてきて
もらってもいいですか?」
「もちろん」
拒否する理由なんて無いしな。

「助かります、依頼者はここ大工房の2階の広間にいるはずです」

大工房の入口付近から移動してここは大工房2階である。大工房内はそれなりに広いがあくまで建物内のため
あまり移動せずに依頼者のもとにたどり着いた。
「イザベラさん、人数集まったのでクエスト受けさせてもらいます」

依頼人の彼女はイザベラというらしい。
バッサリと短めに切った髪とキリッとした顔立ちは気が強そうな印象を受ける。
「あら、もう見つけたの、さすがね。じゃあ改めてクエストについて説明させてもらうわ。クエストの内容は
私がやろうとしているツアーのモニターよ。あなたたち北グスタベルグの臥竜の滝はご存知?」

一度コンシュタットの入り口までは行った時、その途中で大きな滝を見かけたがそれのことだろう。
俺は頷いた。皆も一様にうなずいて肯定する。

「皆知ってるみたいね。私はあの滝は良い観光名所になると思ってるわ、そこで私はそこを目的としたツアー
旅行を考えてるの。だけど道中はあまり強くないとはいえモンスターや獣人だって居ることもあるから
冒険者の人に頼もうっていうわけ」

なるほど、危険があったりするから荒事に対処できる冒険者に頼んだわけか。
「えーと、モニターといっても何をすればいいんですか?」

とりあえず一番確認して置かなければならないことを聞いてみる。
「そうね、その臥竜の滝まで行って、道中は大変だったかとか、危険だったかとか、ツアーをやる上で
こうすればいいとか、ここはダメだとか様々な意見を聞きたいの、その意見を戻ってきて私に伝えてくれれば
いいわ」

「えーと、俺達が本当に行ったかどうかはどう確認するんですか?行かないで適当な感想言って
報酬だけもらうとかできちゃいそうですけど……」
一回だけとはいえ俺だってその臥竜の滝には行ったことがある。
その記憶を頼りにそれっぽい感想をいうことは簡単である。

「それなら心配には及ばないわ。臥竜の滝には相棒のハンティングベアを行かせてるの。滝の近くまで行けば
居ると思うから彼に会ってちょうだい」
確認役もいるのか、それならちょろまかすこともできなさそうだ。やらないけどね。
スポンサーサイト



第5話

「ミッション……ですか?」
聞いたことのない単語に俺は首を傾げる。

「そうだ、君は初めてか?」
「はい」
「ミッションというのは国家から自国の冒険者に対して発令される正式な任務だ。無論断ることも
できる……上昇志向の強い冒険者が断ることは殆どないがね」

ちなみに俺は上昇志向は低い。というわけで即決せずとりあえず話を聞いてみよう。
「なるほど、とにかく受けるにも断るにも話を聞いてからでいいですか?」
「もちろんだとも、だがここで話すのもなんだ。私の執務室に行くとしよう」

「分かりました、えーっとルシウスさん……でしたっけ?」
職人さんとの会話の中に出てきた名前を思い出すようにしていう。
「そうだ、大統領の補佐官をしている。君の名前は?」

この国は共和制なので大統領がいるけど……名前何だったかなぁ
街頭インタビューで総理大臣の名前を答えられない女子高生みたいだ。

「ショウです、ミズイ ショウ 名前がショウで姓はミズイ」
「ふむ、珍しい名前をしているな……東の方の生まれか?……いや、これはミッションには関係ないことだ
さあ執務室はこっちだ。付いてきてくれ」

ルシウスさんのあとについて水車の力で動くエレベーターに乗り大工房の2回へ進んでいく。
そしてしばらく進むと、屋上の広いスペースにいくつか家のような建物が建っている場所につく。
俺はルシウスさんについてこの中の建物の一つに入っていく。
「ここが私の執務室だ。適当にかけてくれたまえ」
「はい」
手近にあった椅子に座る。やはり大統領補佐だけあっていい椅子だ、柔らかい。
「さて、早速だが本題に入りたい。近頃ツェールン鉱山のガルカ達が不満を持っているという話は聞いたことは
ないか?」
「えーっと……」
不満ねぇ……おやっさんは別に不満なんて口にしてないけど。

それは多分俺とおやっさんみたいに名目上は冒険者として自由に鉱石掘りやってる人たちではないな。
おそらく雇われの正式な職業としての鉱山労働者だろう。
俺とおやっさんが自営業だとすると彼らはサラリーマンってわけである。

俺たちと違ってるのは……鉱石が全然掘れなくても多少生活の保証があるって程度。
そのかわり取り分は俺達より低いみたいだけど。
鉱山で働いているのはガルカが多い。ヒュームとの割合でいうと7:3ほど

そのヒュームもつるはしを持って鉱石を掘るとか現場で開発をするいう仕事ではなく
監督官などの管理職や、事務職などの書類仕事になることが多いらしい。
ガルカという種族は力が強いしこういった形になるのはわからんでもないが
ヒュームとガルカの管理職の割合は露骨ではある。

「あぁ、そういえば、愚痴はたまに聞こえてきますねー」
世間話程度に述べる。
「あぁ、愚痴程度で済むなら問題はないのだ。しかし最近は労働意欲の低下、それに監察官への反抗的な態度
などが目立つようになってという報告があったのだ。これは鉱山の開発や発展に大きく影響することになる」
むむ、ちょっとこの言い方は……鉱山労働者を奴隷か何かだと思っているんだろうか。

「それで、俺に何を頼みたいんですか?」
俺はどちらかと言うと鉱山労働者側の人間なため、ちょっと棘のある言い方になってしまう。

「ここで強圧的に反抗を抑圧することも出来なくはない。だが、それでは後々に火種を残す結果になってしまう
し根本的な解決にはならないだろう。そこで君には調査をしてもらいたい。どのような不満を持っているのか
どうして欲しいのかなどといったことをだ」
俺の棘のある言い方を気にせずして、ルシウスさんは俺にミッションの内容を説明する。

「……内容はわかりましたが、何故俺なんでしょうか?監督官が直接聞くとかもできるような……」
思った事をそのまま言ってみる。だって俺である必要無さそうだし……

「そのようなやり方も考えたのだが、やはり現場の人間にはその考え方に近い人間がことにあたったほうが
いいと考えたのだ。……実際のところ我々が相手だと本音を出してくれないかもしれないというのが
本当のところだ。監督官というのは上司で懲罰を与える仕事もある。そんな相手には不満をぶつけにくいだろう
しな」

なるほどな、確かに監督官というのを鉱山その他の場所で見ることはあるが、あれは話のわかる上司というか
まるで囚人の労働を管理している看守みたいな感じだった。この国の労働の実態は俺には分からないが
あまり正しい姿には見えなかった。見ないふりをするよりこれを改善する助けになればいいかな。
モンスター倒すとかじゃないし。

「……そういうことならこのミッション受けさせてもらいます」
「そうか、ありがとう。報酬に関しては……ランク1の冒険者のミッションの相場とミッションの危険度
などを勘案すると、5,000ギルといったところだろうか?」

へえ、結構貰えるんだな。となるとあのノートリアスモンスターを倒した彼らはどれくらいもらえるんだろう。
「また聞くことになってしまいますけど、何故俺にこのミッションを?監督官については分かりましたけど
俺鉱山で働き出したの半年前ですし、新入りといってもいいレベルなんですけど」
実情だってどれほど知ってるものか怪しいレベル。雇われの人たちとはそもそも立場が違うし……

「ふむ、君の言いたいこともわかるが、正直君に頼むというのもたまたま大工房に居たからというのが大きい
私はこうして執務室の外に出るのは殆ど無いから、君にこうしてミッションを頼まなかった場合は
監督官を通じて、都合のいい冒険者に頼むところだったのだ」

俺はたまたま目をつけられただけということか、まあ俺の秘めた力を見ぬいたとかあるわけないしな。
「なるほど、分かりました。ではミッションを遂行するにあたってほしいものがあるんですけど」
「ほう?何が必要なのだ?」
「まず紙がほしいです。なるべく多めに。自分で用意するのはちょっぴり高くつくので」

この世界の紙は靭皮紙と呼ばれる樹木の皮の繊維から出来た紙で普通の紙と大きな違いはない。
さすがに日本のものほど品質は良くなく、安くもないが俺みたいな一般庶民でも買えない程でもない。
まあこれくらいなら必要経費で出してもらえたらなー程度である。

「なるほど、それは経費で落とすとしよう。すぐに渡す。他に何かあるか?」
そうだなぁ……もうだいたい必要なことは聞いたし、調査は俺の裁量でやる感じだし特にないけど
ああ、そうだ

「ええと、実は俺ここヴァナディールの文字を読むことは出来るんですが、書くのはまだうまくできないので
紙に書いたものを口述で報告する形で行おうと思うんですけど」
この世界の言語はアルファベットのようなものを用いていて日本語とは少し違っている。

何故読めはするのかというと……正直俺にもわからない。人が話しているのはどう聞いても日本語に聞こえる
のだけど、文字にしてみるとまったく違うものなのだ。その文字も単語の意味が頭の中にすっと
意味が入り込んでくる。

ただ、こっちの世界の固有名詞、バストゥークとかツェールン鉱山だとかはそうならない。
魔法とかある世界だし俺はあまり気にしてないけどね。
文字を書くのは別で読めるけどまだうまく書けないというのが現状のところだ。少しは書けるんだけど
報告には使えないなぁ

「ああ、構わない、冒険者が読み書きできない場合があるというのも想定済みだ。……だが読めるのに書けない
とは変な話だな」
「うーん、俺が学んだ文字はここヴァナ・ディールの共通語じゃなくてえーっと、一部の民族の間で使わ
れていた文字でして、共通語はまだ未熟なんす」

「そういうことだったのか、君のような者がいるとはバストゥークも開けた場所になってきたものだ。……
決して馬鹿にしてるわけではないぞ」
「それは分かってますよ。えーっと期限はどんなもんですか?」

「期限か……そうだな、10日以内に頼めるか?これくらいあれば君の仕事の妨げにもならないかと思う」
10日か、妥当なところだな。
「了解しました!では報告をお待ちください」

「おっと少し待ってくれたまえ」
ルシウスさんは机の辺をゴソゴソして何かを集め取り出す
「紙だ、持っていくがいい」
そうして紙の束を受け取った俺はそそくさと立ち去るのであった。

「ありがとうございます!ではこれにて失礼します」
ふぅ、終わったか……お偉いさんというのは結構緊張するなあ
それにしてもジャンのやつ待たせてしまったかな。とりあえず入り口に急いでみよう。

しかし、時間がわからないというのも不便だなぁ、この世界にも時計や懐中時計といったものはあるけれど
俺にはまだ手が出せないし、時計がほしいな。時間に縛られない生活というのも悪くはないけど、やっぱり
不便だよなぁ……

とそんなことを考えているうちに入口近くまでたどり着いた。
ジャンは・・・・・・と、お、いたいた。特徴的な赤毛と長身のおかげでジャンを探すのに苦労はしない。
ジャンはどこか見覚えのある3人組と話しをしているようだ。

「すまん、ジャン待たせた」
俺は話をしている最中のジャンに話しかける。
「あっ、ショウ遅かったじゃないか」

「すまんなやっかいもんにつかまっちまった・・・・・・それでそちらの方は?」
やっかいなもんといってもいいか微妙だがまあいいだろ。
「ショウってば昨日あれほどお世話になったじゃないか」

「・・・・・・むむ?」
3人組を改めて見直す。ヒュームのさわやかブラウンヘアーの男性、ボーイッシュな女の子、タルタル・・・・・・
の性別は見分けがつかんな。フードかぶってるし
見覚えがあるような無いような……

「あれだけ飲んだり食べたりして忘れるなんて……いや、あれだけ飲んだりしたから忘れたのかな」
3人組の一人がつぶやく。いやいや、いつもはあんなに飲み食いしないんだけどなあ
あんなに飲むのはおごってもらうときだけなのにと厚かましいことを考える。

だってここじゃそうしないと貧乏くじ引くんだモン!
「……ん、まてよ……?おごってもらったっていうと……ああ!あの冒険者パーティーか」
「やっと思い出した……」
ジャンがため息をつく。まあ最初以降話してなかったし仕方ない、うん。

「とりあえずまたお礼を言っておこう、ごちそうさま。……でなんでまたその人達と?ジャン知り合いだったの
?」
飲み食いしすぎたから金返せ!とかいわんだろうな。
「いや、さっき知り合ったばかりさ、まあそのへんもおいおい説明するよ」
こうして俺達は自己紹介をする流れとなったのである。
プロフィール

あれまれま

Author:あれまれま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR