FC2ブログ

第9話

「むっ……このにおいは……」
談笑したり、黙々と歩きながら進み、日の傾き具合からみて、大体3時……昼を2~3時間ほど過ぎたころだろう
か。

俺の鼻に卵の腐ったようなにおいがするのに気付く……
要するに温泉とかでよくかぐようなにおいがしてくるのを感じた。
「ぼ、僕じゃないよ」
何かジャンはいっているが、このにおいは……なんだろう?温泉?
というかうたがってねーよ!

「このあたりはダングルフの枯れ谷の近くなのでにおいはそのためでしょう」
とまあくだらないやり取りをしている間にルース君が解説してくれた。
火山ということならこの硫黄のにおいは納得である。

「へぇ~、そうなんだ。となると温泉とかあるのかな」
このにおいで火山とくれば、温泉!と答えるのが日本人というもの。あるかどうかはちょっと気になってしまう
「温泉ですか?」

はて?という風にルース君は首をかしげる。
「うん、こういう火山に近いところではさ。地下水が温められて、地表に湧き出たりするんだ。でその温かい
お湯につかるのさ」
すごい気持ちいいぞと付け加えて説明する。

「なるほど、バストゥークにも工房の廃熱を利用した大浴場がありますが、そんな感じですかね?」
「そそ、そんな感じそんな感じ、だけど温泉はちょいと別格だな、特にこういう場所だと露天風呂になるから
景色も楽しめてすごいよさそうだ、人も入ってこなそうだしね、一人満喫ってな」
バストゥークには工房の廃熱を利用した大浴場があり、にぎわっている。俺とおやっさんも仕事を終えると
一日の汗を流しにそこへよることが多い。寄らない日は水を浴びて終了だけどね。

「ショウさん、そんな外にあるお風呂なんか入って誰かに見られたりしないの?」
ルティがおずおずと聞いてくる。
「うーむ、覗きくらいはいるかもしれないけど……周り見ても人っ子一人いないしな。大丈夫なんじゃないか
な」
「そ、そうなんだ」
人がいないから家に鍵をかけてなくても泥棒は入らない理論だなこりゃ。
大浴場もさすがに男女別れてるし。

ちょいとからかいたい気持ちが俺にむくむくと湧き上がってきた。
「うーん、でもこういう場所だとやっぱり混浴になるのかな、秘境の温泉ってか整備されてないところは」
「混浴?」
「みんな一緒に入るってこと、男の人も女の人もね」

「・・・!」
「!あらあら・・」
ルティとラピピさんは顔を赤くしてうつむいてしまった。
うっへっへ、なんか俺おっさんみたいなノリだな……

「まー、ルティは見ても……」
俺がちらりと見て、手を外人がよくやるようなお手上げのポーズをする。
「もう!」
ルティがぷんすかという感じにふくれっ面しながら俺に言う。

「ははは、まあちょっとした冗談、まあ混浴というのがあるというのは事実だけどさ」
「やっぱりだめじゃない!」
ジャンとルース君はくすくすと笑いながら見守っている。
ちょっとは打ち解けてきたかな、と思う今日この頃。

そしてそんなやりとりのあと、しばらく歩き続け、俺たちは北グスタベルグにたどり着いた。
とはいえ、これは便宜上北と南に分かれているだけで、俺たちの行程には代わり映えのない
土と岩の景色が続く。

歩き続けてどれくらい経っただろう。太陽はすでに傾き始め、夕方への準備を着々と進めている。
ここまでの道中俺たちは今までは敵らしい敵に遭遇してこなかったのだが
(子どもほどのサイズのハチや、腰ほどの大きさのミミズ
わしよりも一回りも二回りも大きな鳥、トカゲというには小さな恐竜といったほどのサイズのトカゲなどと
遭遇したが、彼らは自分から襲ってくるということはないため、特に問題はない)

だが今俺たちの目の前には、明確な敵意を持って襲ってくる恐れのある敵……獣人がいる。
現在の状況としては、先頭を行くルース君の制止のおかげで、あちらはこちらに気づいていないという
有利な状況である。

敵は甲羅に包まれた亀がよろいを背負って武器を持って歩いているような容姿の獣人、クゥダフである。
彼らは焚き火を囲んで3体いるようだ。
亀なのに焚き火にあたるとかなにそれ!とかいいたいけど、状況はそんな冗談を許すわけもない。

「ここからは小声で話すことにしましょう、彼らは目が悪い代わりに、耳がいいんです。ですからあまり大きな
音を立てないよう気をつけてください」
なるほど、音を立てないようにか……気をつけないとな

「さて、僕らは戦うか、迂回して少し遠回りをするかという選択肢があるわけですが」
ふむふむ
「戦う場合ですが、彼らは見るからして若いクゥダフで強さはそれほどでもないと思います。とはいえ彼らは
知能のある獣人なので油断は絶対に禁物です」

まあ犬だって人間並みの知能を持って襲って来たら勝てるかわからないしな。武器を持ってるならなおさらだ。
「そして迂回する場合ですが、少し遠回りすることになります。またしばらくは後方に注意しながら進ま
なければなりません」

この選択肢だったらどう動くか……皆の意見はまだ聞いていないが
俺は腰に下げているブロンズソードをちらっとみてささっていることを確認し、戦闘を補助する楽器
もいつでも行動に移せるように準備をする。
緊張感が俺たちを包み、奇妙な静寂が俺たちの間に広がる。

そして周りの皆も俺の行動より早く、持ち物を確認し。いつでも行動できるようにしている。
クゥダフたちに気づく様子はない。このままなら奇襲できそうだ。
そして俺たちは無言で互いにうなづきあい、行動に移った。

「まあ普通逃げるわな」
「何ひとりごと言ってるのさ?」
「いや、なんでもない」
結局俺たちご一行は、クゥダフがいるポイントを避けて、遠回りをしているところである。
あの場は満場一致で「戦闘を避ける」と決まった。

俺はわざわざ危ないことはしたくないし、ルース君たちも自分から仕掛けたりする必要はないという意見
シーフであるジャンは、持ち物をくすねるくらいならいいんじゃないかな……?とかいってたけど無視無視!
戦わないに越したことはないしな!

皆装備を確認してたのは、もうここに戻ることはできないから、持ち物を確認したというわけ。
今俺たちはクゥダフたちがたむろをしていた場所からしばらく離れて
そろそろ危険はなくなってきただろうとルース君が判断したあたりである。

岩と土の代わり映えのない景色はまだまだ続いている、日は落ちかけており、もうじき夜になろうかというころ
である。夕日は荒野を照らし、なんともハードボイルドな感じだなあと一人思ったりする。
荒れた土地であるため、国周辺から離れたこのあたりでは畑もなく、それに付随した家もない。

バストゥークから離れて、さらにこの痩せた土地を耕そうという猛者はいないのだろう。
ところどころ生命力の強い木が生えている程度のものだ。

おやっさんも畑持ってるって行ってたけど、比較的国から近くにあるっていってたしな。

「ショウ何難しい顔してるのさ」
「いや、なんでもないよ」
ちょっと考え込むとすぐ顔に出る癖は早く直さないと駄目だな。

本格的に暗くなり始め、頼りになるのは月明かりとラピピさんがたまに使うファイアの魔法の明かりだけ
ちなみにこの世界の月は曜日によって色が違う。
はじめてみたときは驚いたが、今はもう慣れてしまった。

今日の月は赤色で今日は火曜日であるということがわかる。
赤って言うのはどうも禍々しい感じを受けるけど、同時に神秘的な感じもする。
日本に居たころは、月を眺めるなんてことはまったくしなかったけど、この世界に来てからは眺める時間が
増えたなあ。

そんなことを考えながら歩いているうちに、遠めにうっすらと明かりが見えることに気づいた。
当然俺が気づいているくらいだから他の人も気づいているというわけで

「アウトポストが見えてきましたわね」
「うんうん、やっと休めるね」
とルティとラピピさんが言葉を交わしている。

「皆さん。今回はそこのアウトポストで夜営することにしますね」
ルース君の一言で俺らの方向性は決まった。
アウトポストというのは、要するに各国の兵士の詰め所である。

あるのは小さな衛兵用の建物だけであり、また兵士でない俺らは中に入ってとめてもらうことはできないが
他の何もない場所でとまるよりはよほど安全であることは確かだ。

詰め所の見張りの衛兵にあいさつをして、とりあえず周りを使うことを伝えておく。
冒険者がここ周辺を利用することはよくあることみたいで、特に問題もなかった。
まあそういうわけで俺たちは建物の裏手のある場所当たりにキャンプを設営することとなったわけである。

雨もほとんど降らないこのグスタベルグでは、この季節なら特にテントを張る必要もなく、毛布一枚と
地面から熱を奪われるのを防ぐためのものを一枚下に敷いておくだけで寝れそうだ。
そして俺たちはいろいろな準備を終えてさあ夕飯という流れになった。

疲れがたまり、腹も減った……とはいえたいした物はないんだけどね。
今から火をおこすのもきつい…グスタベルグには木が少なく、枯れ木を集めるのもひと手間かかるからな。
味気のない夕食になりそうだ。とまあこんなことを考えていたそのとき

「ふふふ、こうなるだろうと思って用意してたよ」
とジャンがなにやら言ったかと思うと、ごそごそと出発前には何も入っていなかった袋から
何かを地面にばら撒いた。これは……枯れ木だな。
「やっぱり火があるとないとじゃ全然違うからね。歩きながら集めておいたのさ」

アウトポスト周辺なら気にすることもないしね、と笑いながらつぶやく。
「おぉ、ジャンもたまには役に立つことをするんだな」
「たまにはって何さ、たまにはって」
「まあ気にするな、素直に感心してるんだ」
「むう……」

しかし、これがトレジャーハンターの能力です!なんてことないだろうな……?

「ともかくジャンさんのおかげで火をおこすこともできるようになったみたいですし、どなたか火のクリスタル
持ってます?丁度切らしてまして……」
とルース君が皆に尋ねた。

火のクリスタル?それなら確かいくつか持ってたはず……
ごそごそと小物入れを探り、その中にはさまざまな種類のクリスタルが分けて入れてある。
その中からいくつか取り出し、ルース君に聞く。

「持ってるけど、何かに使うのか?」
「ええ、たき火の中にいくつか置くと火がだいぶ長いこと持つんです」
へえ、それは知らなかった。クリスタルには未知のエネルギーでも詰まっているんだろうか。
これ日本に持って帰ったら大発見になりそうだな、未知のエネルギー発見!ってな具合に
……その前に、帰れんのかね、ホント。

「へえ、いくつ必要なんだ?」
「そうですね、3つ4つあれば足りるはずです」
「ふむふむ……はい、これで4つあるかな」
とりあえず4つほどルース君に渡す。炎のクリスタルはほのかに温かい。

ルース君はそれを木が並んでいる中央に配置する。
「ラピピ、頼む」
するとラピピさんはこくりとうなずくと
「炎の精霊よ……ファイア!」
ラピピさんは簡単な詠唱をして、枯れ木に向かってファイアの魔法を放つ。

魔法というのは詠唱が必要でこういう弱い炎の場合あまり長い詠唱を必要としないらしい。
仕組みは分からないが、道中何回か見てきたし、あまり感動とかはしない。
何はともあれついに火がついた。これで暖かい夜をすごすことができそうだ。
スポンサーサイト



第8話

「さて、では揃ったことだし向かいますか」
現在はだいたい昼を過ぎたあたり、準備の段階で適当に急いでその辺にあるものを口に入れたため、特別腹は
減っていない。

「えーと滝まではどれくらいかかる予定?」
「ん~、そうですね……時間にしては今から行ったら、明日の夜になるくらいですね、
夜営地には半日かかるかかから無いかくらいだと思います。
急いでいけばもう少し早くつきますけど、夜進むのはなるべく避けたいので
途中で夜営することになると思います」

ふむ、大統領補佐のルシウスさんから受けたミッションの期限はまだまだ余裕あるし
明日は普通の休日だけど、明後日は疲れて鉱山仕事なんか出来ないかもなぁ……
まあサボっても特に何もないというすごい職場だけど……おやっさんは俺が来る前に一人でもやってたしね。

帰りの時間を考慮に入れてないのは、皆デジョンの呪符を持っているからである。
デジョンというのは自分の決めた拠点に戻ることのできる魔法で、呪符というのはその魔法が封じられている
羊皮紙である。使い捨てだけどすごい便利なもので一度使うともう普通に帰るのはいや!と言いたくなるほど
基本的に冒険者は常備しているといってもいい。

「ありがと、質問はもうないよ」
急ぎではないが、のんびりしすぎると日が暮れてしまうからな。

「よし、では出発しますか」
このパーティーではルース君がリーダーを務めるようだ。俺よりベテランだし、ジャンは向いてなさそう
だから、当然かな。もちろん異論はない。ルース君は雰囲気がリーダーぽいからな……

「お~!」
ジャンが気の抜けるような掛け声をかける。
まあそんな大層な依頼でもないし、こんな感じで行くとしますか!

さて、滝まではどう行くんだったっけ……。前行ったときは適当に進んでいったからなぁ。あの時は食料も
野営の準備もろくにしないで勢いだけで進んでたし……よく生きてたな俺。
しかし今回の俺はただついていくだけで問題無いというところが楽なところである。

今は先頭がルース君、次にラピピさんとルティが並んで、最後尾に俺とジャンという隊列で進んでいる。
……体の小さなラピピさんが俺らと同じくらいのスピードで無理せず進んでいるのは驚いた。

今のところは街道も整備されて快適な旅である。現在の場所南グスタベルグは荒れた土地で、雨も少なく
岩と土の支配する土地であるが、国に近いこの場所ではそんなところでも育つことのできるポポトイモや
たまごナスが植えられた畑がポツポツとある。

おやっさんの畑はどの辺にあるんだろうなぁとか考えたりおしゃべりも交えながら俺達は進んでいく。
俺とジャンが適当な冗談を交わしたり、ラピピさんが先頭のルース君にちょっかいを出したり、それにルティ
が便乗したり、更に俺達が便乗したり(悪ノリ)とまあこんな道中である。

襲ってくるモンスターとかもおらず、平和と言う一言に尽きる。40~50cmはあるハチとか、俺の腰くらいある
ミミズとか、わけわからない動く(発芽した)種などなど、いくらでも見かけたりはするけど、襲ってきたり
はしないし、俺はいちいち驚いたりはしない。
さすがに6ヶ月もいりゃこうなるのさ!
なんか順応し過ぎて怖いレベル、言葉が通じるのが大きいんだろうなぁ。

まだまだ先は長い、どうせだし歩いている皆の様子を見てみる。ルース君は度々地図を見ながら道を確認
している、もはや俺の中でのリーダー像が確定するほどの働きっぷり、そして、ラピピさんと確認しあったり
している。ラピピさんは参謀的な感じかしら。ルティは2人をニヤニヤしながら見ている。

2人は怪しいって言ってたし、それをウォッチングするのに忙しいのだろう。
ジャンは度々新しく買った短剣を腰から抜き眺め、戻し、眺めを繰り返している。
まあ何もしてないようなもんだし、ちょいと思ったことでも聞いてみよう。

「そういやジャンよ」
短剣を眺めていたジャンが腰に戻し、反応する。
「ん、何だい?」
「お前って地図とか持ってるの?」

ルース君の地図を見る姿を見て、ちょっと気になったことである。
こいつのことだから持ってないだろうな……俺も持ってないし。
「ん、もちろん持ってるけど?とはいえ主要な3国周辺の地図くらいしかないんだけどね」
何だ持ってるのか、ジャンのことだから星を見てそれを頼りに移動してそうなのに……

「なんだ、お前のことだから持ってないと思ったよ」
「いや、冒険者の必需品といってもいいくらいだと思うけど……ショウは持ってないのかい?」
「ぐっ……持ってないな」
逆に俺が無知を晒すことになってしまった。知らない事自体は恥ずかしいことじゃないけど
必需品とか言ってるしなあ。

「はは、ショウってたまに抜けてるとこあるよね。当たり前のこと知らなかったり、準備とかきっちりするのに
地図持ってなかったり」
「お前に言われたくはないわいっ!」
食料なしとかさすがの俺でもそれはないぞ!
地図なんかなくても国から出ないし、なくてもなんとかなるさ!多分。

「お二人は仲がよろしいんですのね」
とまあこんなやりとりをジャントしていたところ。
前を歩いていたラピピさんがニコッとしながら俺たちに話しかけてきた。

こうして見るとラピピさんは穏やかそうな人だなあという印象を受けるな。なんか毒吐いてた気もするけど……
「そうかな?仲がいいというよりは……そうだなー、ダメだとわかっててもお金を貸してしまう借主と貸主
の関係みたいな感じ?うまく例えられないな」

「いや、そこは仲良いでいいんじゃないかな?」
「ハハハ」
「もう!」
ジャンがぷすっとむくれる。つか俺より大きいイケメンがぷすっとしててもな……

「ふふ、十分仲いいではありませんか。お二人の付き合いは長いんですの?」
そう聞かれるとあまり長い付き合いでもないな。身も蓋もないこと
をいえばそもそもこの世界自体の付き合いが短いしな。しかもこいつはふらっとどこかへ行って
いつの間にか居るとかそんな感じのやつだったからなぁ。

「うーん……付き合い自体は長くないな、出会って半年にならないくらいだ」
「そうだね、たしか僕がショウと会ったのはね。確か何ヶ月か前えの話しさ、その時の話聞くかい?」

「ぜひ聞いてみたいですわ」
「私も聞きたいな」
「僕も興味ありますね」

おっと、ルース君にルティも食いついてきた。こいつとあったときはどうだったかなぁ……。
とまあ俺が考え込んでいるとジャンが説明をしだした。
「よろしい、では失礼して。……僕とショウが会ったのは確か数カ月前のコウモリのねぐら、あの君たちに
食事とお酒をおごってもらったところさ。その日僕はパルブロ鉱山というクゥダフたちのねぐらになっている
鉱山を散策した戦利品を持っていって、僕が座ったテーブルに広げた。
すると客は僕の持つ品物の珍しさにテーブルの周りに集まり始めちゃってね。參ったよ……
で、みんな離れてくれないから僕は言ったんだ。

『珍しいのは分かったから、なにか食べ物をくれないか?何でもいい』
ってね。そうしたところ、客の一人が『このめずらしいものを見せてくれたお客
さんに何か食べ物をやってくれ、もちろんお代は俺が出す。そのかわりそれについて色々聞かせてくれないか?』
といった客がいてね。それがショウだったというわけさ」

ジャンは語りきったというしたり顔を浮かべている。
「なかなかロマンのある出会いですわね」
「ジャンさんってちょっぴりダメな人かなと思ってたけど、そんなことないんだね」
「珍しい品物……興味ありますね」
皆がそれぞれに感想を述べている、おおむねジャンはトレジャーハンターとしてなかなかのものなんだろうな
とか思ってることだろう。しかし

……ん?なんかおかしいぞ。おかしいというか事実と違うというか。
ジャンがコウモリのねぐらに来たところまでは事実、しかしジャンが持ってきたのはよくわからない人形の手足
で、客は一瞬だけ集まったが、さっと同じように一瞬で去っていってしまった。どう見てもガラクタだったしな。

その時点で色々とおかしいけど、その後のジャンはというと、誰も居なくなったテーブルの上で突っ伏して
動かなくなっていた。俺はなんとなく気の毒に思って
『いやー、そのなんだ?人形も悪くないよ。ここのやつらはひと目で分かるすごいものを好むみたいだから』

と声をかけたところ、動かないから。
『おい、大丈夫か?』
と体を揺すってみたところ

『お腹すいた……何か食べ物……』
とか何とかもぞもぞ喋っていたので
『頼めないなら俺が代わりに頼んでやろうか?』
という小さな親切心をだしたのだけれど

『実はもう手持ちがないんだ……これあげるから食べ物もらえないかい?』
『いや、いらないけど……』
正直全くいらない。よくわからない人形の手足?だいたい手足だけって……

で、正直にそう返したところ、そいつは見るからに落ち込んで、全く動かなくなってしまった。
だから俺は仕方なく
「ああもう!しょうがないなその人形はいらないけど飯くらいなら食わせてやるよ!」
そういった瞬間、ジャンの顔はぱっと輝いて

「ほんとかい!」
もしかして演技だったのかと思えるほどの変わりぶりに戸惑う。
まあいいか。

「……言ってしまったものはしょうがないからな、いいよ大して高いメニューがあるわけじゃなし、好きなもの
頼んでくれ」
「わあ、ありがとう……!」
「うおっ……抱きつくなっ!男に抱きつかれてもうれしくないわっ!」
「そう?じゃあこの人形でも……」
「それはいらないです」

「ハハハ」
ハハハじゃないよまったく……

あいつの性質の片鱗はすでに会ったときから見えてたんだな……
とまあ思い出してみたところ、ジャンの話はもはやファンタジーだなこりゃ。
正直なところ訂正するのもめんどくさい……

俺はジャンを肘でつついて
「おい、なにへんな物語つくってんだよ」
するとジャンは小声で俺に耳打ちする。

「ふふ、軽い冗談だよ」
「まあいいけどさ、あんま期待値上げすぎんなよ?がっかりする姿が目に浮かぶからな……」
「大丈夫大丈夫、冒険者なんて今日つき会う人と明日付き合う人が違うものだしね。
ダメダメジャンさんのまま別れるよりいいかなーと思ってね」

一理あるといえばあるな、冒険者というものは一応評判とかを気にするものだからな。いい評判が立てば
仕事だって舞い込んで来ることがあるらしいし。別に俺は冒険者としての評判とかは気にしないしね。
「まったく、俺は別に構わないけど、せいぜいボロがでないよう気をつけろよ?……まったく、後で何かおご
ってくれよ」

「ふふ、まかせといてよ」
「期待せずに待ってるわ」
まあこいつのことだしな。

「まったく、そこは大いに期待して待つところだよ?」
「へいへい」
期待して待ってますともさ

「そこの二人ー遅れてるよーこのままじゃ明日になっちゃうよ」
おっと、気づいたら集団から少し遅れてしまったらしい。
俺たちは顔を見合わせ、かけていくのであった。
プロフィール

あれまれま

Author:あれまれま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR